表参道で審美治療をされる方が非常に多い

ホームへ戻る >  歯周病や歯肉炎などのトラブルに最適なインプラント治療  > 表参道で審美治療をされる方が非常に多い

歯医者をまずは法律的にみてみると歯科医師法第1条に「歯科医療及び保健指導を掌ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するもの」とあります。


そして歯医者とは一般に呼ぶ名前であり、口と咀嚼に関する治療、特に2大疾患と言われ多くを占める「虫歯」と「歯周病」の治療と耳鼻科の領域にかかる神経痛や骨折、がんなどの治療も専門の歯医者で治療することができます。


歯医者の仕事には、予防歯科、歯周歯科、保存歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科及び審美歯科などがあります。東京の青山にも多くの歯科医院が存在します。

青山の地名は、徳川家康の譜代の重臣の青山忠成が原宿村を中心に赤坂の一部から渋谷村至る地区を屋敷地として使用し、当時は武家の屋敷に町村名を付けることが許されなかった為、明治時代初期までは正式な地名がなく庶民たちの間で「青山」と便宜上呼んでいました。


その後、青山家があった大部分は青山墓地になり、明治以後この地域を青山通りと名付け北側を青山北町、南側を青山南町と呼ぶようになりました。現在はお洒落の町として有名な青山には、多くの芸能人や有名人が歯医者を訪ねてきます。その中の多くは、表参道で審美治療をされる方が非常に多いと言われています。