歯科医師になる方法

ホームへ戻る >  衛生的な宅配水を選ぶ  > 歯科医師になる方法

歯医者は同じ医師でも他の診療科目の医師とはやや異なる存在です。そのため歯医者になるためには独自のルートが必要となります。


そもそも資格そのものが医師とは異なります。国家資格では歯科医師国家試験に合格する必要があるのです。この試験に合格し、歯科医籍に登録すると歯科医師免許状が与えられて治療を行うことができるようになります。


この歯科医師国家試験には受験資格があります。それは歯学部を卒業し歯学の学士となっていることです。大学の歯学部歯学科に通い、所定の課程を修了する必要があるのです。歯学部は6年生となっており、その間さまざまな過程が用意されています。1年では一般教養と臨床医学・歯学が行われ、2~4年では基礎医学と臨床医学・歯学が行われることになります。それぞれの学年では進級試験が実施され、悩んだ内容を問われることになります。

さらに5年の後半に入ると臨床前実習が行われるようになり、より本格的かつ実践的な歯科医師としての研究が行われることになります。そして6年になると臨床実習が開始され、歯科医師国家試験への準備が始まることになります。卒業するためには卒業試験が実施されますが、それと並行するように在学中に歯科医師の国家試験を受けるのが一般的となっています。


このようなルートで歯医者が誕生することになります。なお、歯医者といえば独立開業しやすい職業といわれていますが、開業するためには免許取得後1年以上の臨床研修を終了する必要があります。