子供の矯正治療と保険適用

ホームへ戻る >  衛生的な宅配水を選ぶ  > 子供の矯正治療と保険適用

歯列矯正には保険が適用されないのが原則です。それは子供の治療でも同様です。そのため全額負担となり、数十万円といった費用が必要になってしまいます。しかし、症状によっては治療の一部に保険が適用される場合があります。とくに子供の矯正治療では適用されるケースが多いだけに、よく把握しておくことが必要となります。


保険適用が可能なのは外科手術が伴う場合です。顎や顔の骨格の発育が悪く、変形や非対称が生じてしまった場合、矯正治療と外科手術の両方が行われることになります。その場合には保険治療が適用されるのです。これは治療を行わなければ日常生活に深刻な影響が現われるという判断によるものです。審美的な意味ではなく、純粋な治療として矯正治療が扱われるわけです。

最大のポイントは歯列矯正そのものにも保険が適用されること。つまり3割負担で済ませることができます。適用されるかどうかは大きなポイントとなるでしょう。


ただし、外科手術が伴う点、そして顎、あるいは顔全体のバランスや成長に合わせて治療が進められていくため、期間が非常に長くなります。症状によって異なりますが、大体2年程度は必要なようです。その間は装置を使い続けることになります。子供にとっては大きな精神的負担となるでしょう。


このように、場合によっては保険適用が可能なケースがあります。歯並びだけでなく顎や顔の形にも問題が見られるようになった場合は、早めに医師の診察を受けるよう心がけたいところです。