注文住宅の可能性

ホームへ戻る >  賃貸住宅の契約をする前の注意点  > 注文住宅の可能性

注文住宅といえば、設計段階から施主の希望に合わせて家を建てることができる点に大きな注目が集まっています。もちろんそれが最大の魅力ではありますが、ほかにもさまざまな可能性を秘めています。


まずデザイン。建売住宅の最大の弱点といえるのがデザインです。コストを最小限に抑えるために定型的なデザインのものを採用していることが多く、とくにひとつの土地を分割して家を建てる場合には、並んだ数軒がすべて同じデザインとなっているというケースが少なくありません。しかし注文住宅ならデザインの個性化、理想化が可能です。自分の城、マイホームを購入するなら、やはり個性や希望は重視したいもの。自分だけの、ほかにどこもない家を建てることができる可能性があるのです。

それから間取りです。家庭環境は人数や家族構成、年齢によって異なってきます。それぞれの事情に合わせた間取りが必要となるでしょう。建売住宅の場合はすでに決まった間取りの中から選ぶ必要があり、施主の側で都合を合わせなければなりません。マイホームというのは20年、30年と住み続けるもの。購入時の家族構成や事情に合わせるだけでなく将来的な生活環境の変化にも対応できるような間取りが求められます。その意味でも中途半端な妥協は禁物です。注文住宅はその面でも大きな可能性を秘めているのです。


家族に高齢者がいる場合、あるいは自分が将来高齢者として生活を送ることを考えるとバリアフリーなどの設備も重要な意味を持ってくるでしょう。このように、注文住宅はマイホームに対してさまざまな可能性をもたらしてくれる購入方法なのです。