土地の売却について

ホームへ戻る >  賃貸住宅の契約をする前の注意点  > 土地の売却について

土地は、持っていることでその価値が上がったり下がったりします。かつては地価が上昇するばかりの時代もありましたが、現在ではそうもいきません。将来的に価値がどんどん下がっていくことも考えられる土地などは、早めに整理しておいたほうが良いケースもあるのです。それは、保有しているだけで固定資産税や都市計画税などが発生しているからなのです。売却して現金化するなり、金融資産の運用にまわすなどの活用方法を検討してみるのはどうでしょうか。


売却にあたっては、誰もが可能な限り高い値段でと考えるのは当然のことです。そのためには不動産会社に頼むことになりますが、そこから処理が終了して現金化されるまでには、いくつかの過程を経なければいけません。早く現金が必要だからと焦っても、きちんとした評価をしてくれる不動産会社に頼まないと、結局損をする結果となってしまうので注意をしましょう。

土地の売却にあたってまず必要なのが、調査と価格査定です。評価には、現地の地価だけでなく、周辺環境や将来的な需要の動向などもふまえて査定価格が決められていきます。その結果に納得したならば、不動産会社が売却行為を行うための媒介契約を結ぶことになります。そこでようやく買い手探しが始まるというわけです。交渉の過程では、査定価格とは別に売買価格が設定されるので、そこでも売り手と買い手が納得できる値段での合意が必要になります。契約がまとまったならば、手付金の後、代金の決済と登記手続きなどが行われて終了となります。