シェアハウスという賃貸の選択肢

ホームへ戻る >  企業イメージをアップさせる  > シェアハウスという賃貸の選択肢

近年、おもに若い世代の間で注目を集めている賃貸のスタイルに、シェアハウスがあります。職場や近所づきあいといった人間関係が希薄化し、孤立しがちな社会になっていること、あるいは一般のアパートやマンションといった賃貸物件にはないメリットなどが注目を集める要因となっています。


ではシェアハウスとはどのようなものなのでしょうか。これは、一軒の家を複数の人間で借りて生活する物件のことです。専有スペースと共用スペースがある点ではアパートやマンションと同様ですが、共有スペースがトイレやキッチン、バスにまで及ぶ点が大きな特徴です。その分入居者同士がより親密な形で生活を送ることになります。


入居者同士が交流を図るためのスペースも用意されていることが多く、リビングやホームシアター環境が設置された部屋で一緒に過ごすことができます。1人暮らし、とくに若い女性の間で人気を集めている状況です。

なお、シェアハウスでは敷金や礼金を支払う必要がなく、また保証人制度もないのが原則です。その分初期投資が少なく、借りやすい点も大きなメリットとして挙げられるでしょう。


もちろん、すべての人に適した環境とは言えません。プライバシーを重視したい人には向かないでしょうし、ある意味、入居者全員で集団生活を送る形になりますから、周囲に迷惑をかけるような人も無理です。ある程度、生活習慣に配慮しながらの暮らしとなります。


自分がシェアハウスに向いているのがどうかを判断し、賃貸探しの選択肢として検討してみるとよいのではないでしょうか。