高齢者の口腔ケア

ホームへ戻る >  ミネラルウォーターの宅配  > 高齢者の口腔ケア

高齢者はとくに口腔ケアが重要になります。体の衰えによって歯周病になりやすくなったり、歯が抜けやすくなってしまうことが多いからです。またぐらついた歯や抜けた歯の隙間に食べかすが溜まることで虫歯になりやすくなってしまいます。そのためにも高齢者に相応しい口腔ケアの方法が求められるのです。


実際のところ、日ごろの歯磨きだけではどうしても不十分になってしまいます。できれば歯科医院で定期健診を受ける習慣をつけましょう。理想は3ヵ月に一度、それが難しい場合でも半年に一度受けるようにするだけでずいぶんと違ってくるはずです。歯科医院ではクリーニングのほか、歯周病を予防するための措置なども行ってくれます。また、義歯を使っている人は状態の確認のためにも定期健診をしっかりと受けるようにしましょう。虫歯・歯周病予防をしっかりと行っている歯科医院を選ぶことも大事になりそうです。

また、高齢者は免疫力が弱くなっていたり、歯茎が衰えている場合もあります。若い頃と同じような歯磨きをしていると逆に歯茎を傷めてしまう恐れもあります。自分の健康状態を確認した上で適切な歯磨きを行うことも求められます。また、歯周病が進行している場合には歯周ポケットに汚れが溜まってしまうこともあるため、歯の表面だけではなく歯周ポケットの汚れを落とすための歯磨きもポイントとなってきます。


歯科医院での定期健診と、正しい方法での歯磨き。高齢者の口腔ケアはこの2点が柱となるでしょう。自分の年齢や口内の健康状態を正確に把握し、それに基づいた対策を検討するようにしたいものです。